カートをみる マイページ登録/ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
  野菜が主役のフランス菓子。保存料着色料を使用しない健康的な美味しい野菜スイーツ,パンのお店です。
野菜スイーツのルクールピュー
土 水 太陽 自然の恵みから生まれる産物に感謝

ショップからのお知らせ

  • 3月31日でかまどのリンゴが終了しました。
  • ノザン・セートル・ドゥ・ドゥマンは、12月30日で建物の取り壊しのため閉店致します。
    ご愛顧いただきましたお客様、荻窪すずらん通り (ルクールピュー )(レムニュ)にて
    心よりお待ちしております。

おすすめ商品

オリジナルパンの詰め合わせ PICKUP

2,800円(税込)
ルクールピューのオリジナルパン詰め合わせ。無添加、無着色の個性的なパンの数々は食卓を豊かにします。

ベジタブルラスク.20袋入り PICKUP

1,600円(税込)
ハーブとベジタブルの健康的なラスクの詰め合わせ。ラスクパンプキン:ラスクスピナッチ:ラスクキャロット

ローヌ、8個入り PICKUP

1,600円(税込)
フルーツケーキ チョコレートケーキ ガレット。
伝統的な定番の焼き菓子の詰め合わせです。

メルベイユ詰め合わせ、22個入り PICKUP

4,200円(税込)
五つ星の手みやげ東京に掲載されているルクールピューのオリジナル焼き菓子詰め合わせです。桐箱入りで格調高い贈答用にはぴったりの品です。

野菜のマカロン詰め合わせ.12個入り PICKUP

2,510円(税込)
ルクールピューの野菜マカロンは着色料、保存料を一切使用しない。
野菜の色味と野菜のクリームで作ったマカロンです。

チーズケーキ(直径約15cm) PICKUP

1,600円(税込)
フランス産クリームチーズ使用タルトタイプのベイクドチーズケーキです。
人気のチーズケーキはホクホクしっとりクリーミーな味わいです。

ルクールピュー姉妹店    レ ムニュ  Les Menus

シェフ特製デリカ(お惣菜)と調理パンのお店
レ ムニュ Les Menus
東京都杉並区荻窪5-18-9 1F
JR中央線,地下鉄丸の内線荻窪駅西口南側
すずらん通り入口の左 1F
TEL_03-3393-7711

営業時間 11:00−23:00
定休日_月曜日(祝日の場合は翌火曜日)


ルクールピューは20m先で
詳細はこちら ⇒

TEL_03-5335-5351

レ ムニュ

鈴木シェフとフランス人スタッフ

鈴木シェフとフランス人スタッフ

 Cheeseは完全栄養食品

 日本に暮らす私たちは 四季 という素晴らしい自然の恩恵を受けており、その 旬の素材 は おいしさと栄養を最もかねそなえています。

美味しいと思う物と健康に良い物は時として相反しますが、素材の組み合わせ方、調理テクニックで和解させ、健康で素材のもつ個性を最大限に生かした美味しいお菓子を提供したいという願いから誕生しました。



 

野菜のマカロンのご紹介

ピンク----赤カブ:ルバーブ:バルサミコ酢
オレンジ--赤ピーマン:グリーンオリーブ
黄色-----にんじん:オレンジ
緑-------
ほうれん草:生クリーム:バター・ゼラチン:塩
白-------かぼちゃ:栗:はちみつ:しょうが:シナモン

全色共通--砂糖:アーモンドパウダー:卵

新鮮野菜のマカロン !


オーナーシェフ鈴木芳男のプロフィール

オーナーシェフ 鈴木芳男

パリ・ニース・アルビ・リヨンなどで料理、菓子の経験を積む。銀座マキシム・ド・パリ、ロオジェ、ウェスティンホテルなどを経て、ホテル日航東京で幼少から夢だったグランシェフとなる夢を実現させる。 2002年2月新たな夢の実現に向かって、東京・荻窪からスタートし現在に至る。
-- 主なコンクール受賞歴 --
第一回SOPEXAフランス料理コンクールファイナリスト/  ピエールテタンジェ料理コンクール日本大会ファイナリスト/  マンダリン ナポレオンコンクール日本大会2年連続優勝/  第三回SOPEXAフランス料理コンクールファイナリストデザート優勝/  カリフォルニアレーズンコンクール優勝/ コンクールシャルルブルースト金メダル/  カリフォルニア ウォルナッツコンクール優勝…など30数回受賞
プロスペルモンタニエ会員/ エスコフィエ会員/ レザミドキュルノンスキー会員/ アカデミーキュリネールドフランス会員/ シンガポールフードアジア料理コンクール審査員など

VIVA!!1,200 etoiles depuis 30 ans

Yoshi Suzuki, gastronome propriétaire et gérant de boulangeries et pâtisseries françaises au Japon.  Chef pâtissier du restaurant l’Osier de 1985 à 1990

« Je reviens au moins 4 fois par an en France. 70% des restaurants où je m’attable sont déjà fixés à l’avance comme Pierre Gagnaire, l’Arpège, Maison Bras ou Les Près d’Eugénie. Au total, avec quelques restaurants espagnols, j’ai cumulé 1 200 étoiles depuis 30 ans.  C’est mon bonheur. Je suis allé près d’une centaine de fois à l’Arpège par exemple.  Il faut se rappeler que la cuisine française à Tokyo est récente, cela ne fait qu’à peine 50 ans que l’on en parle. Je pense que beaucoup de chefs japonais à Tokyo qui font de la cuisine française ont un solide bagage technique mais il leur manque une personnalité forte nécessaire à l’expression de leur cuisine. A mon sens, la cuisine française qui est servie à Tokyo n’égale pas encore celle à Paris même si elle s’en rapproche. Pour moi, cela est peut-être dû au fait que les chefs japonais qui ont travaillé en France retournent pour certains au Japon et perdent petit à petit ce « goût français » appris lors de leur formation. Idem pour les chefs japonais qui s’installent à Paris : ne perdent-ils pas de leur identité japonaise d’une certaine manière ?

Quant aux chefs français installés au Japon depuis très longtemps, je me demande s’ils connaissent vraiment le goût français actuel… Ils se sont habitués à la culture nippone, à l’atmosphère qui règne ici. En Asie, au-delà de Tokyo, on trouve de bons restaurants français à Singapour même s’il n’y en a qu’une poignée. Après Paris, Tokyo est incontestablement l’autre ville où l’on mange la meilleure cuisine française. Mais je ne suis peut-être objectif pas car je suis japonais. En Espagne, il y a également une superbe cuisine française malgré leur nombre peur important comparé  au Japon. A Tokyo, il y a à mon sens trop de restaurants français. Cette cuisine est-elle sur le déclin comme beaucoup le prédisent ? Je ne pense pas. On a beau beaucoup parler des cuisines nordiques et espagnoles depuis quelques années, la cuisine française reste au top. »

フランス人料理評論家が来日された折のシェフ鈴木とのインタビュー取材記事です。 atabula.com